電子カルテがあればスムーズに作業ができる

男性

落ち着ける店を作る為に

相談

オープンまでの流れ

近年、企業や公務員などいわゆる会社勤めを抜け出し居酒屋やカフェなど自分のお店を開く人が増えています。また、今は会社勤めですが将来的には自分の店をもちたいと考えている方も多くいます。自分のお店の中でも、カフェを開業したいという方が多いです。カフェにはジャズカフェや猫カフェなど自分の趣味をテーマに開業できるという点で多く選ばれています。今回は、カフェを開業するまでの流れについて詳しく紹介します。まずはどのようなコンセプトでカフェを開業するのかを計画することです。細かいテーマを決めることによって、開業資金をある程度計算することが出来るからです。コンセプトが決まったら、計算した開業資金を貯めることを行います。目標額まで貯まったら、次は店舗探しです。自分が希望する立地に合った場所を見つけるまでとことん調べておく事が大切です。駅近なのか住宅街に建てるのかなどコンセプトに沿って店舗を決めましょう。店舗が決まったら、次は内装および食器の購入です。内装は自分が決めたコンセプトに合うように業者さんに細かく説明すると良いです。食器に関しても、お店の雰囲気に合うようなものを選びましょう。これらの事が済んだら、開業までに必要な手続きを行いましょう。食品衛生責任者の資格が必要となるため、まだ取得していない場合は取得しておきましょう。また、保健所への申請も忘れないように行いましょう。これらが済んだら、スタッフの研修や広告などを行います。これがカフェ開業までの一連の流れです。